テーラー渡辺

スミスウールン|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
スミスウールンズ
スミスウールンズ
1921年、当時英国マーチャントの聖地であったロンドン ゴールデンスクエア(服地卸商が集まっていたことで有名な広場)でハーバート・スミスとクロード・グラハムによって創業されたSMITH WOOLLENS(スミス ウールンズ)。1930年代からは輸出にも力を入れ、クラシックでありながらソフトな質感の独特なテイストが世界的に支持されてきました。そのサヴィル・ロウで信頼を寄せられてきたこの名門ブランドは、2014年に英国最大のファミリーマーチャントグループLBD-HARRISONS(ハリソンズ)の傘下に入りました。SMITH WOOLLENS(スミス・ウーレンズ)の生地の特徴を一言でいうと、「ブリティッシュクラシックなデザイン×しっかりとしたボディーながらソフトな風合い」。凛として知的な表情を持つ服地の数々は、今日もエグゼクティブ達を魅了し続けています。
スミスウールンズ
スミスールンズ
スミスウールンズ
ソラーロ
スミスウールンズ
ロンドンの雄、「スミスウールンズ」が誇る2015年秋冬服地のマスターピースが本格リニューアル。使用される「ボタニーウール」と呼ばれる良質なオーストラリアンMerinoは、ボタニー港で船積みされることから名付けられ、200年以上に亘り名声を得てきました。着込むことで増す味わいと、飽きの来ないオーセンティックなデザインが世界中に多くのファンを持ちます。
プレステージ縫製とは?
ハイグレード縫製とは?
仮縫い
フルハンドメイド
エクセレント縫製
スミスールンズ
「スミスウールンズ」「ブルーリバンド」は選りすぐった直系約18.5ミクロンのメリノウールを70番手双糸に紡ぎ、素晴らしい着心地と仕立て映えを生み出す絶妙なセッティング、ウェイトで織り上げられた“ブリーバンド”。滑らかな質感も特徴の一つで、「欧州のニュースタンダード」と言われる高い完成度を誇るクオリティーです。
ハリソンズ
ミスティーク
スミスウールンズ
スミスウールンズ
スミスウールンズ
スミスールンズ
「トラベルスーティング」のマスターピースとして英国で名声を得てきた「スミスウールンズ」の「フィンメレスコ」が遂に日本に本格上陸です。長時間の移動や、連続の着用が多いのがビジネスマンのトラベルシーン。そんな時にパフォーマンスを発揮する「皺になり難く、取れ易い」、また「型崩れしない」しっかりとしたボディーは、それぞれのクオリティーにあわせて錬られたツイストヤーンによって実現されています。
スミスウールンズ
【ハリソンズオブエジンバラ】の盛夏用のオーダースースーツ高級素材「サマーケープキッド」は、南アフリカ産の良質なモヘアの中でも総生産量の5%にも満たないサマー・キッド・モヘアが60%使用されています。通常モヘアの特徴は金属的な光沢としっかりとした生地の張りでスラックスの折り目もシャープになり、しかもなんと言っても通気性が抜群によくなり、これからの多湿な日本の猛暑の夏には上着を着ていても涼しくすごせます。 色柄は英国のファブリックらしく、クラシックなものを中心に少しビビットな明るめのものまで多彩に取り揃えてあります。
スミスウールンズ スミスウールンズ
スミスウールンズ
1921年、当時英国マーチャントの聖地であったロンドン ゴールデンスクエアで創業されたSMITH WOOLLENS(スミス ウールンズ)。以来、サヴィル・ロウで信頼を寄せられてきたこの名門ブランドは、昨年の2014年に英国最大のファミリーマーチャントグループLBD-HARRISONSの傘下に入りました。
この度、新体制になって初めてのコレクションリニューアルが行われ、GILT EDGE(ギルト・エッジ)の新バンチの展開がついに始まりました。
SMITH WOOLLENS(スミス・ウーレンズ)の生地の特徴を一言でいうと、「ブリティッシュクラシックなデザイン×しっかりとしたボディーながらソフトな風合い」。英国マーチャントの生地の中でも独自のポジションを築いてきました。240/260グラム平織りという春夏を通して着れるクオリティーですが、触れていただくとスミスらしさを感じていただけると思います。当店のこだわりのビスポークスーツに最適な高いスペックをご体感ください!
スミスウールンズ
「スミスウールンズ」の4プライスーツ地。ウェイトが360/390gでヘヴィーウェイトのどこにもないめずらしい4杢の肉厚トニック調オリジナルファブリック。生地の反発力は最高で構築的でグラマラスなスーツを仕立てたいようでしたら最適なマテリアル。
スミスウールンズ
「スミスウールンズ」の「モックレノ」。「モック・レノ」とは?ホップサック地に似ているサマージャケット用素材。 モックとは?「見せかけの、偽(にせ)の」の意味で、レノに似せた透け感のある涼しげなジャケット地。 クリスピーな質感が特徴のサマージャケット地でその中でも一番の皺になり難い耐久性抜群の素材。
ソラーロ
「ソラーロ」(またはサンクロス)の名称で知られ、玉虫色の輝きを持つ美しいウール織物。実はスミス ウールンズによって20世紀初頭に開発され、今も商標として保護されています。当時は亜熱帯の植民地に於いて「太陽熱を和らげる効果がある」として着用を推奨されるなど、英国の服飾史にも足跡を残す特別なファブリック。近年はファッション性の高さが注目されていますが、当時のウェイト、質感を再現したこの"オリジナル・ソラーロ"は現代に於けるマスターピースと言えます。
スミスウールンズ