テーラー渡辺

ウィリアムビル|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
ウィリアムビル
「ウィリアムビル」は別名「ダブリュービル(ダブルビル)」と呼ばれている1846年創業の歴史あるカントリー服地マーチャント。イギリスはロンドンサヴィルロウ通り近くのボンドストリートに本社を構える老舗マーチャントであります。「ウィリアムビル」W. BILL(ダブリュー ビル)は、ヒラリー卿が人類初のエベレスト登頂を達成した時に同ブランドの服地を着用していたことでも知られています。
ウィリアムビル
ダブルビル
シェットランド諸島の伝統織物を現代に再現したコレクションは、ざっくりとした優しい風合いが特徴。ヴィヴィッドなカラーリングからオーセンティックなカントリーデザインまで、新生ダブリュービルの世界観を表しています。
ダブルビル
アイルランド北西部のドニゴール州で算出されるアイリッシュツイードの代表格です。「ドネガルツイード(ドニゴール)」は暖かく耐久性があり、ネップ(節)のある見た目が特徴の目の粗いアイリッシュツイード。基本の色と相反した不揃いのスラブ糸の平織りが特徴とされ、紡毛糸を使って織られている。色がついた「ナブ」や「ネップ」や「ノブ」=(小さなかたまり)はがっしりしたフェルトのようなウールのつぶつぶが紡毛機に入り、紡いだ糸の中にそのつぶつぶが小さなかたまりとして残ることによって、クラシックな言い方では仕上がりの生地に「Salt&Peppar(霜降り)」の効果があると言われています。
ウィリアムビル
アイリッシュリネン」は 美しい光沢と風合いを特徴とするギルドのメンバーが生産するアイルランド製リネンです。品質の良さからは、英国王室でも重要視され、世界のファッション界でも有名なリネン素材であります。今回のコレクションは、その中でも、ウェイトが380gの肉厚で他に類を見ないビンテージコレクション。時代に逆行する圧倒的な存在感を持った、麻本来の持つ風合いを楽しんで頂ける最上級のヘヴィーウェイトです。ジャケットはもちろんのこと「リネンスーツ」には画期的な素材。そしてバラエティーに富んだウェイトのコットンを編集した、コンプリートコレクション。310gから385gのウィンターコットン。そして580gものヘヴィーウェイトを集めました。ガツンとくる半端ないウェイトはワイルドなコットンジャケットやコットンスーツには最適な素材です。
ダブルビル
「タッタソール・チェック柄」は単に「タッタソール」「乗馬格子」ともいう。明るい生成り地に赤や黒などの2色のストライプが、たて・よこ交互に交差したシンプルなチェック柄。馬市場で鞍用(くらよう)毛布や競馬師たちのウエストコート(ベスト)に用いられていた格子柄をこう呼ぶようになりました。現在タッタソール柄のコレクションを常時持っているのは「ダブルビル」のみとなっております。
「ウィリアムビル」「フェニックス」
今回ご紹介する「ウィリアムビル」"フェニックス"はカントリーとアーバンをミックスした新しいテイストのジャケットコレクション。エッジの効いたブリティッシュデザインと、春と秋冬の3シーズン着用可能な汎用性の高いウェイトが魅力です。イギリスの生地にはなかなか無い、発色性豊かで色の綺麗なオーダージャケットコレクション。ジャケットはもちろんのこと、スーツにも使用できる応用範囲のあるマテリアル。暑い夏が過ぎ、カーディガン的に軽く羽織るジャケッティングや、スタンダードでしっかりしたツイード風に仕立てるジャケットやスーツには最高の素材。「ウィリアムビル」「フェニックス」でオーダージャケット、オーダースーツを仕立ててお洒落を決めこんではいかがでしょうか。
ウィリアムビル
“ネオン”は、時代を超えて耀き続けるウィリアムビルが「現代の冒険者達」に贈る新しいコンセプトのアーバンツイードです。その最大の特徴は「マイクロガラスフィア」という特殊加工がされたヤーン(糸)による暗所での光反射。サイクリングやカントリースポーツのシーンに於いて、高い視認性とオリジナリティーが周囲の目を引くことでしょう。また435gというスポーティーなウェイトには都会的なモダンデザインがよくマッチしており、デイリーユースでもご愛用頂けます。
ダブルビル
肉厚のドネガルツイードから、オーストラリアの貴族達が狩猟用に愛用したアルパカ混ローデンクロスなど希少な伝統的コート地を集めたエクスクルーシブコレクションです。今回の「ダブルビル(ウィリアムビル)」のコート地は460gからなんと725gの半端ないヘヴィーウェイト。アーバン風の都会的なオーバーコートもいいけれど、こういったクラシックな「カントリーコート」もいいですよ。「ディス・イズ・カントリーコート」最高ですよ。
ウォーキングオンザボンドストリート
ウィリアム・ビル
最後の生地商社、ウィリアム・ビルへ ロンドン・ボンドストリート。2013年1月。「スーツおたく、おやじ」として有名なテーラー渡辺の渡辺弘行氏。日本ではなかなか手に入らない生地の仕入れに、粉雪舞うなか、ウィリアム・ビルへと向かう。かつてはテーラーの聖地・サヴィル・ロウ界隈には数多くの生地商社・倉庫が点在していたが、借地権が高騰し今ではウィリアム・ビルただひとつ。1864年創業・世界最大のツイード専門商社といわれるウィリアム・ビルはサヴィル・ロウのほど近く、ボンドストリートにある。到着するや早速、地下の倉庫へ。そこで大変に希少価値の高い「シェットランドツイード」「チェビオットツイード」を発見し早速、交渉開始、商談成立。帰国後、W.BILLよりバンチブックとレターが届く。レターには「この生地を使って貰うことを光栄に思います。ミスターワタナベの未来に栄光に乾杯!」と書かれていた。
テーラー渡辺「W・Bill」へ行く